2022年11月4日金曜日

2023年1月からの再度価格改定につきまして

 


原材料や燃料、光熱費等の価格上昇に伴い、今年1月よりフライパンや鍋などの価格を改定いたしましたが、本年も大変多くのご注文をいただき、厚く御礼申し上げます。

温室効果ガス削減に関する取り組みと合わせて、燃料の使用比率の検討や工程の見直しなどに取り組んでまいりました結果、今年の温室効果ガス排出量は昨年比で燃料では50%減、電気も含めた総排出量は32%減となり、2015年に比べると、燃料では76%減、電気も含めた総排出量は56%減となりました。(10か月換算)
燃料の比率を変えたことで、より最適な工程の見直しにやや時間を要してしまいましたが、16年続けてきた中で、よりよい品ができるようになったのではないかと感じております。

しかしながら、今年も原材料や燃料、工具等の価格上昇が続いており、昨年10月に価格改定を決めた時点よりさらに、鋼材価格が1.8倍~2倍にまで高騰してしまい、燃料等の価格では2%~70%ほど上昇しているものもあり、引き続き大変厳しい状況が続いております。

このような状況下で、今年一年努力を重ねてまいりましたが、さすがに鋼材価格が2倍に高騰してしまったのには心が折れそうにもなり、来年1月より、フライパン等の価格の再度改定を検討しております。
物価の高騰が続く中、これ以上価格を改定して引き続きご注文いただけるのかどうか、大変厳しい状況ではあることは重々承知しており、心苦しくはありますが、ご理解いただけますことを願っております。
(鉄鋼材の価格上昇が、夏頃にいったん頭打ちになったようにもみられるので、11月、12月の価格を見てから決定したいと考えておりますが、現状では約15%程の値上げを検討しております。)

世界的な物価の急激な上昇や環境に関する昨今の情勢など、今後のこと、将来のこと、いろいろと悩み、考え、検討しながら制作を続けておりますが、ご注文を頂ける限りは、より良い品を作れるよう励んでまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

詳細な内容につきましては、改定価格決定しだい、改めてご案内いたしますが、取り急ぎお知らせいたします。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

0 コメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...