2021年11月17日水曜日

フライパンの厚みと重さ

 


お客様のご依頼で制作した、4.5㎜厚の片手フライパン(3L)。蓋も4.5㎜で、トータルで4.7㎏もありました。相当な重量感です。

通常のフライパンは2.3㎜厚、蓋は1.6㎜厚、両手鍋は3.2㎜厚で制作していますが、ご希望があれば、1.6㎜、3.2㎜、4.5㎜の厚さで制作することもできます。

重さでいうと、2.3㎜厚のフライパンと比較すると、1.6㎜厚は約0.7倍、3.2㎜厚は約1.4倍、4.5㎜厚だと約2倍くらいになります。
例えば2.3㎜厚のフライパンは、約1.5㎏ですが、1.6㎜厚にすると約1㎏、3.2㎜厚にすると約2㎏、4.5㎜厚では3㎏弱くらいになります。

蓄熱性が高い方を好まれる方なら、やや厚みがあるものを、重たいと使いづらいと思われる方なら、薄めのものを、と選んでいただくことも可能です。
ご参考になれば幸いです。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

0 コメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...