2016年7月2日土曜日

自分なりの道


6月25日発売の雑誌、BIG tomorrow 8月号の、「これが僕の生きる道!会社に頼らない強い生き方」のコーナーで、紹介していただきました。

理系の大学から畑違いの製造業へ就職し、一転、今の道へ。脈絡もないように思われ、「何で??」と興味を持たれることも多々ありますが、自分にとっては、すべて繋がっていること。
今回取材を受け、またそのことを振り返る、良い機会となりました。

大学の頃、就職していた頃、専門学校で教えていた頃。
その時々に、今の自分を決定づけるような、今の原動力の源となるような、とても大切な出来事がありました。
いろいろな出来事や思いが次第に積み重なっていって、でもなかなか踏み出す踏ん切りがつかなかったり、ぎりぎり踏みとどまっていたようなことが、最後の最後に堰を切るように決断する時がある。
でもそれは、あまり公には言わないできたこと。

様々なことを見失いかけていた時に、生きることや世界の美しさ、自分自身の意味をほんの少し垣間見せてくれたかのような、ちょっと不可思議な、神秘的な出来事。
どんな仕事をしていきたいのかを定めてくれたのは、仕事の時に感じた、ある悔しさから。
取り組み続け、どんな時も努力し続ける強さをくれたのも、専門学校時代に教えていたときに感じた、ある悔しさから。

過去に出会ったものが、良いことも悪いこともみなどこかで繋がりあい、今の自分を形作る力になっている。
やりがいも、喜びや楽しさも、時には悲しみや辛さや悔しさも力になる。
王道でもなく、分かりやすい看板やのれんもなく、どこにも属していない。けれどもそこに、自分なりの道があるようにも思います。

そして、そこにいろんな思いがあるからこそ、自分も頑張っている人を見ると、応援したくなります。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 美術ブログ 金属工芸へ
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

0 コメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...