2016年1月3日日曜日

境界を見定める

謹んで新春のお慶びを申し上げます

旧年中は格別のご厚情を賜り 厚く御礼申し上げます
末永くご愛用頂けるより良き品をつくっていけるよう
なお一層励んでまいります
本年もどうぞ宜しくお願い致します



大晦日や新年には、お寺や神社にお詣りに行き、
おみくじをひく、というのが、自分の定番コース。

元日と開業記念日の年に2回は、
毎年おみくじを引いていますが、
実はここのところ、続けて「凶」ばかり。
それで何かが左右される訳ではありませんが、
凶、と言われると、やはり身が引き締まるもの。

自分にとってお詣りをすること、何かに祈ることは、
自分の力ではどうにもならない領域があることを
改めて感じ、畏敬の念と感謝を込めて、
自らなすべきことを見定めること。


「できること」と「できないこと」。
その境界は、今、どこにあるのか。
時を区切り、時を納め、改めて始まりとする今の時に、
心静かに見つめ直すことで、これからの
「やること」、「やらないこと」にも
繋がっていくこととも思います。

年明けと共に引いたおみくじは、
久しぶりの大吉。
引き締めた身を跳躍させる時がきたのなら、
吹く風にも感謝を。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 美術ブログ 金属工芸へ
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

0 コメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...