2015年12月30日水曜日

常なるもののために


今年をどんな年にしたいか、
年の初めに私が目標に掲げた漢字一文字は、「常」でした。
更なる変化とその日常化のサイクルを回すことで、
いつまでも変わらずにあり続ける道や柱を、
太く、強く、確固たるものにしていくことを
目指したこの一年。


新たにお取り扱い頂けるお店も増加し、
新たな柱となる製品も軌道に乗ったことで、
制作数量も大幅に増加し、そうした意味では、
目標を達成することができたのではないかと思います。


ただ、予想以上に増加してしまったことで、
多くの方々をお待たせしてしまったり、
柔軟性や機敏さに欠けてしまったという反省点もあります。

ついついオーバーワーク気味になってしまっていましたが、
若い時のような無理をしようとすると、
やはりどこかで不調をきたしてしまい、
年齢的な変化を痛感させられたりもしました。


時間とともに、変化していくものとともに、
自分自身も変わらなければならない。
しかし、それは、変わらずに在り続けるもののためにこそ、
変わらなければならないのだと、私としては思います。

常なるもののために。
大きな変化が求められるこれからこそ、
自分にとってより大切になってくるものだと、
切実に思います。

―――――――――――――――――――――――


本当に、一年、あっという間でした…。

いろいろな前進がありつつ、でもできなかったこと、やりきれなかったことも多く、様々な思いを抱えながら、バランスを模索し続けた一年でした。
多くの方々に多大な期待を頂きながら、応えきれずに物足りなさを感じさせてしまったことと思います。

大変長らくお待たせしてしまっている皆様、深くお詫び申し上げます。
年を越してしまい、申し訳ございませんが、引き続き制作に励み、できるかぎり早くお届けできるように努力してまいります。


来年は開業10周年。
ちょうど今が、様々なことを受け止めて、次へと歩みを進めていくために、変わっていくべき時なのだと、強く思います。
多くの方々に、なお一層の叱咤激励を頂きながら、来年、その先へと繋げていけるよう、励んでまいります。


今年も多くの皆様に、お引き立てを頂き、厚く御礼申し上げます。
来年もぜひどうぞ、宜しくお願いいたします!

それでは皆様、どうぞよいお年をお迎えください!















人気ブログランキングへ にほんブログ村 美術ブログ 金属工芸へ
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2015年12月24日木曜日

クリスマスの魔法


[Ryuze+ 2015.12.19 column] 「クリスマスの魔法」

もうすぐクリスマス。
至る所にツリーや装飾が鮮やかに彩られ、心も踊ります。
今はよく見られるクリスマスの光景、
実はある一冊の本がきっかけとなっていたそうですね。(※)

19世紀、産業革命直後のイギリスでは、
過酷な社会問題の中、クリスマスは廃れかけていたのだとか。
それを慈愛と博愛の精神に満ちたものに蘇らせたのが、
チャールズ・ディケンズの「クリスマス・キャロル」。

たった一人の力では何も変えられない、
普段はつい、そう思ってしまいがち。
それでも世界を変えてゆくのは、
変えたいと強く思う、人と人との心と行動。

誰もの心に、サンタクロースはやってくる。
その存在を感じるとともに、
誰もがサンタクロースになりえるのだから。

今年の自分の心には、どんなサンタクロースがやってくるのか。
自分に何をもたらし、誰に何をもたらしてくれるのか。
歳を経るごとに、きっとその答えは、変わっていく。

今年も一年の、感謝を込めて。


  英国ニュースダイジェスト


メールマガジン「Ryuzu +」にて、毎週土曜日のコラムを担当しています。
暮らしや仕事のヒントになるような言葉と共に。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 美術ブログ 金属工芸へ
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2015年12月23日水曜日

雑貨・カフェ kinoka様の看板とブラケットを制作しました。


埼玉県飯能市に来年OPENする、雑貨・カフェ kinoka(木の香)様の看板とブラケットを制作、施工いたしました。

この地域特産の杉の西川材を活用した製品を取り扱うお店とカフェ。
杉やカフェ、お施主様の好きな花などをモチーフに文字をレイアウトしました。





店舗設計を担当されたヒダマリデザイン設計室さんのblogで、こちらの建物の詳細や、ライティングされた看板の様子などをご覧いただけます。

来年1月6日OPEN予定です。
ご機会がありましたら、ぜひどうぞお立ち寄りください。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 美術ブログ 金属工芸へ
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2015年12月14日月曜日

STYLE STOREさんで先行販売の両手フライパン。


日曜日からSTYLE STOREさんのネットショップでも販売開始された、両手フライパン。

▽【先行販売】オーブンでも使える鉄の両手フライパン(L)

先行販売】オーブンでも使える鉄の両手フライパン(M)

早々に完売してしまったとのことで、厚く御礼申し上げます。

年内の追加はもうだいぶ厳しそうなので…申し訳ございません!
年明け、1月中頃~下旬頃に追加納品予定です。
現在、予約販売に切り替えて頂いております。

商品ページ、素敵に紹介してくださっていますので、ご覧頂ければ幸いです。
どうぞ宜しくお願い致します。


野菜といっしょに。


オーブンを使って、チーズケーキやアップルパイも。



ピザを焼いても。

出来立ての料理を、温かいままに、みんなで取り分けて。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 美術ブログ 金属工芸へ
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

理解の及ばぬもの


[Ryuze+ 2015.12.12 column] 「理解の及ばぬもの」

ほんとにほんのささいなことで、つい衝突してしまったり。
なんでそんなことをするのか分からない、とか。
当たり前のことなのに、なんで分かってくれないのか、とか。
何を考えているのか理解できない、とか。
こんなにも思っているのに、なんで理解してくれないのか、とか。

一番身近なはずの家族でも、そんなことはしばしばなのに、
生まれも育ちも、文化や風習も、信じるものも違えば、なおのこと。

完全には理解できずとも、
その存在を受け止めることはできるのではないか。
むしろ自分には理解できると思うことは、
時に不遜で傲慢なことでもあるのかもしれません。

自分の理解の及ばぬ範囲を、相手は把握している。
どちらが正しいでもなく、優劣でもない領域。
違いを違いのまま、謎を謎のままに受け止める。

理解しあえるようにと、互いに歩み寄るからこそ、
人は共に生きていけるのかもしれません。
それでも理解できない領域を、認め合い尊重できるからこそ、
人は共に在ることができるのかもしれません。



「今こそ世界で対話を進め、お互いの多様性や違いを認め、
  平和的に共存する方法を見つけなければならない」

  国民対話カルテット・チュニジア労働総同盟
  アッバーシー書記長
  「平和賞授賞式『多様性や違い認め 共存を』」
    NHKニュース


「すべての文化は同じ才能を起源として生まれ、
 基本的に同じ潜在力を持っているといえる。(中略)
 地球上の文化はそれぞれが,人間であるということの
 意味は何なのかという問いに対する答えだ。
 そして、そうした文化の総体が、今後数千年に私たち人類が
 ヒトという種として直面する難問に対処する手段となる。」

  W. デイビス(人類学者)
 「最後の人たち 失われゆく文化」
  日経サイエンス2010年12月号



メールマガジン「Ryuzu +」にて、毎週土曜日のコラムを担当しています。
暮らしや仕事のヒントになるような言葉と共に。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 美術ブログ 金属工芸へ
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...