2012年8月23日木曜日

ものを作ること、暮らしを作ること。



何かを作るには、エネルギーが必要です。
鉄を加工するのも例外ではありません。電気を用い、ガスやコークスを燃やして、硬い鉄を切り、熱しては叩いたり曲げたり、溶断したり、溶接して、ひとつの「もの」を作り上げます。

少なからずエネルギーを費やして作る以上、末長く愛着を持って使って頂ける「もの」を作りたいと、いつも願っています。


今日、23日から25日まで幕張メッセで開催の、JAPAN DIY HOMECENTER SHOW 2012。
鉄工DIY溶接体験コーナーにて、公開制作を行っております。

多くの皆様の多大なお力添えのおかげで、無事初日を迎えられ、制作も順調に進めることができ、篤く御礼申し上げます。


今回は、会期中を通してひとつの「もの」を制作、完成させることに主眼を置いています。
そのため、あまり派手なパフォーマンスや、見応えのあるデモンストレーションではないかもしれません。
しかし、ひとつのものを完成させる工程を通して、ものが生まれてくるエネルギーを、いくらかでも感じて頂けたらと思っています。


鉄工DIY溶接体験コーナーでは、実際にプラズマ溶断機や溶接機を使って、ものづくりが体験できます。
また、お隣のトヨタさんや三条鍛冶道場さんでも、板金体験や刃物作りなどを体験することができます。

DIYショーでは、そうした様々なものづくりが体験できたり、ものづくりに役立つツールを扱っているメーカーさんも、多く出展されています。
見て触れて体験して、ものが生まれてくるエネルギーを、少しでも感じて頂けたら、いつも身近にある、ありふれたものひとつひとつも、また少し、変わって見えてくるかもしれません。


そしてまた、ものづくりの原点は、「こういうものがあったらいいのに」と思う心なのかもしれません。
お客様からのご依頼やご要望を聞くにつれ、そんなことも、ふと思います。

「もっとこんなものがあったら便利なのに。」
「もっとこんなものがあったら楽しいのに。」
「もっとこんなものがあったら素敵なのに。」

何かを作ることは、とりも直さず、暮らしを作ることに繋がっているのかもしれません。


Do it yourself = DIY.

ものが生まれてくるエネルギーを感じ、そしてまた今度は、ご自身の新しいものづくりや暮らしを作っていく何かのきっかけになれば、嬉しい限りです。


DIYショーは、明日、明後日25日(土)まで、開催しております。
連日厳しい残暑ではありますが、ご機会ありましたら、ぜひお越し下さい。

私自身は、会場にセッティングされた出張作業場で、作業着姿で汗だくになっており、大変申し訳ございませんが、皆様のお越しを心よりお待ちしております。

どうぞ宜しくお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 美術ブログ 金属工芸へ
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

0 コメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...