2012年7月16日月曜日

世田谷代田の、夏の風。


世田谷代田にある、monocotoさん。
いろいろなご縁があって、昨日、私も始めてお伺いしてきました。

家具製作やインテリアコーディネーター、デザイナーの方々が集まって、今はすっかりシャッターの閉まってしまった昔ながらの商店街を舞台に、新たなものづくり、ことづくりを精力的に進められています。


この夏、世田谷代田で、monocotoさんが始められる、ある仕掛け。
かつてクリーニング屋だったという小さな建物をセルフリフォームした事務所?兼作業場には、ひっきりなしに打ち合わせの方々やお客様が立ち寄られて、とても賑やか。

ほとんどシャッターが閉まり、人々が通り過ぎていくばかりのシャッター商店街の中で、人が立ち止まり、集まってくるような、そんなきっかけが、もう始まっているように感じました。


1から何かを立ち上げ、実現に向けて動いていく人のパワーをひしひしと感じ、自分もまた少なからず、何かしら影響を受けながら。

今回納品した風鈴が、さっそく風に吹かれて、鳴っています。
この街に、この夏に吹く風を感じながら。



All About STYLE STORE つくり手blogにも、 monocotoさんが中心となって手がけられていく、「つくり手がつくるガイドブック 世田谷代田」の特集ページが開設されています。
こちらもぜひ、ご注目下さい。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 美術ブログ 金属工芸へ
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2012年7月10日火曜日

作ることを考えながら作る。


一見手が込んでいそうに見えて、意外と手間の掛からない形。
一見シンプルそうに見えて、実は結構手間も治具も必要な形。


とあるコラボレーション用の試作を重ね、何パターンか制作しています。
作る形を考えるのも楽しいのですが、どう作るのかを考えるのも、実はとても楽しいのです。(楽しい、というのは語弊があるかもしれませんが。)
様々な制約のある中で、本生産での量産時のことを考えて、いかに効率よくパーツを作り、組み立てられるかも考えながら、治具もそれにあわせて作ったり、改良を重ねたり。

制作サイド的には、お客様のブランドの雰囲気やエンドユーザーさんの客層などを考えると、たぶんこちらが選ばれるのでは…との意見で一致してきましたが、最終的に選んでくださるのは、お客様。
どちらか選んで頂けるのか、それともまた別の形になるのか・・・。

もう、まもなく。





人気ブログランキングへ にほんブログ村 美術ブログ 金属工芸へ
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2012年7月7日土曜日

雑誌に掲載されました!


Free & Easy 8月号にて、COOK & DINE HAYAMAさんのお店が紹介され、取り扱って頂いているリフターやフライパンの画像が、製作者の名前と共に掲載されました!
大変嬉しく、ありがとうございます!

機会がありましたら、ぜひ、ご覧下さい。



画像は、先日COOK & DINE HAYAMAさんへ納品したリフターとフライパン各種。
ショートタイプのリフターには、持ち手の部分に革紐を巻いたタイプと巻いていないタイプがあるのですが、鉄が特に好き、という方には、鉄の質感を肌で感じられる、革紐なしのタイプが人気なのだそうです。
そんな訳で、今回から、ロングタイプのリフターにも、革紐なしのタイプが登場しました。

いずれも、COOK & DINE HAYAMAさんの実店舗でも、クック & ダインさんのネットショップでも取り扱って頂いております。 
鍛冶屋の打ち出しフライパンは、 All About STYLE STORE つくり手マーケットさんでも、ネットでご購入頂けます。


フライパンも、ただ今、追加制作の真っ最中。急ぎ納品できるよう、熱して、叩いて、作ってます!



人気ブログランキングへ にほんブログ村 美術ブログ 金属工芸へ
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2012年7月1日日曜日

「ヨルノトモシビ」展は、7月8日までの開催です。


あっという間に6月も終わってしまい、今日からいよいよ7月ですね。 

鎌倉のそらにわさんで開催中の鉄とキャンドルの企画展、「ヨルノトモシビ」展。
いよいよあと1週間、来週の日曜日、7月8日までの開催となりました。
お越し下さった方々、大変ありがとうございます。

しばらく売り切れ状態となってしまっていた蚊取線香掛けも、先日追加納品しましたので、またどうぞ宜しくお願い致します。

まだまだ雨が降ったりやんだり、梅雨空が続くような、でももう夏はすぐそこのような。
先日湘南方面に足を運びましたが、海沿いだからなのか、吹く風がどこか涼しげで心地よく感じました。内陸へと帰ってくるにつれて、だんだん蒸し蒸ししてくるのを感じて、気候の違いを少し実感。

梅雨の雨も、夏の空も、どちらも良く合うような印象の鎌倉。
お越しの際には、ぜひどうぞ、そらにわさんにもお立ち寄り下さい。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 美術ブログ 金属工芸へ
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...