2012年4月20日金曜日

それを深く知る人と共に、自分の中にないものを作る。


自分の中にないものは、生み出すことは出来ない。

人は日々、知識や経験など、様々なものを自分の中に蓄積していきます。
意識的に、無意識に、そうして積み重ねられてきたものたちが結びつき、融合し、新たな形に昇華して生み出されてくるものたち。

暮らしの中で使われるものを作りたい。
そうは思っても、自分の今までのライフスタイルの中になかったものは、やはりなかなか思いつくことも生み出すことも、難しいものです。
実感のないものを、形だけなぞってしまうかのような。

自分が今まで知らなかったライフスタイルや物を深く知る方と共に、仕事が出来る時。
お互いの積み重ねてきたものが、互いの枠を超えて結びつき、融合できた時。
自分の中にあるものを繋ぎながら、自分の中になかったものへと、辿りつくことができるのかもしれません。


今回、クック & ダインさんにご依頼を頂いた、ダッチオーブンの蓋を開ける、リットリフター。
正直、私は今まで、ダッチオーブンを使ったことはありませんでした。
でも、お話を聞いただけでも、これは面白そうだと・・・。
そして実際、本当に楽しく、わくわくした仕事となりました。 


求められる機能。
手にした時の収まり具合、フィットする感覚。
そして、そこに、作ることでこそ生まれてくる形を、どう融合させていくか。


長くダッチオーブンを取り扱ってこられて造詣の深いクック & ダインさんと、打ち合わせや試作、検討と、いくつものやり取りを重ねてきた中から、厳選された3種類(バージョン違いを含めると4種類) のリフターが完成しました。


これは本当に、ぜひ実際に手にとって、その使い勝手や手の中に収まる感覚を試して頂きたい品です。
本日OPENのCOOK & DINE HAYAMAさんにて、限定販売始まります。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 美術ブログ 金属工芸へ
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

0 コメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...