2010年6月30日水曜日

ATTRACTさんでのglass Exhibition

神奈川県の鷺沼にある、オーダーメイドのインテリアショップ、ATTRACTさんにて、7月に開催されるガラスの作家さんたちによる企画展。
私もほんの少しだけ、出展させて頂けることになりましたので、ご案内いたします。
glass Exhibition
前期:2010.7.8(木)~7.20(火)
後期:2010.7.22(木)~8.8(日)
open 11:00~19:00 水曜日定休

ATTRACT
 http://www.attract-f.com/


大船にある陶芸とガラス工房、「陶郷(すえのさと)」小野口カナメさん、佐藤遙果さん、福原孝幸さんの、3人のガラス作家さんによる企画展です。
私の友人の佐藤さんが、この工房で働いているご縁から、去年、陶郷さんでのイベントに出展させて頂き、また先日、お仕事をご一緒させて頂いたご縁もあって、今回お声をかけて頂きました。

会期は、前期、後期に分かれており、前期(7月8日~7月20日)の小野口カナメさんの展示の際に、私のカトラリーなどもあわせて展示していただけることとなりました。
後期(7月22日~8月8日)には、佐藤遙果さん、福原孝幸さんの展示となります。

いよいよ夏本番を迎えますが、涼しげなガラスの展示会に、どうぞ皆様、お立ち寄りいただけましたら幸いです。
どうぞよろしく、お願いいたします。


 DM裏面は、こちらをご参照ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2010年6月26日土曜日

カトラリー製作中



ただ今、とある展示会に向けて、カトラリーを製作中です。

今回、いままでとは作り方をちょっと変えてみたら、そっちの方がスムーズで、今までよりもぐっと具合がいい感じです。作れば作るほど調子が出てきて、ついつい、一気に作ってしまいました。

まとめて作った分、これからまとめて研磨仕上げです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2010年6月24日木曜日

ようやく一区切り、塗装完了しました。


昨日は朝から強い雨。本当に久しぶりに、という気がしました。
もしかしたら、梅雨入りしてから初めて、梅雨らしい雨だったかもしれません。

そんな朝早く、作業前にふと気がつけば、前の林から、ウグイスの声が!

こんなところにも、ウグイスがいるんですね。こちらに来てから、気がついたのは初めてだったかもしれません。(自分は気がつきませんでしたが、もしかしたら親子で鳴き方の練習をしていたのかも・・・。)
雨のおかげで、気温も一気に下がり、昨日はちょっとした高原にでもいるかのような気分に、ほんの少しさせてくれました。


ところが、やっと梅雨らしくなってきたのかな、と、ほっとするのもつかの間、午前中には雨も上がってしまい・・・。また曇りや時折晴れ間ものぞき、こちらは何だか本当に空梅雨続き。大丈夫なんでしょうか。隣の乾いた畑を目に、心配になってきてしまいますね。

でも、せめて塗装の時にこのくらい涼しくなってくれていたら、もっと作業もしやすかっただろうに・・・、と、あまりの過ごしやすさに、つくづく、そんなことを思ってしまいました。
仕上の塗装作業は、その前の日までに完了。とはいえ、連日の蒸し暑さのおかげで、ちょっとは自分もスリムになったようです。


   


蒸し暑さといえば。
塗装はガン吹きの吹き付け塗装。吹き付けに使うエアーは、コンプレッサーで空気を圧縮しています。その時に、空気中の水蒸気が圧縮されて、水になり、ボンベの中にたまってしまうので、一日の終わりにはボンベの中の空気と水を排出します。

連日の塗装作業で、フル回転していたコンプレッサー。
ある日、作業の終わりに、いつものようにエアーを排出しようとバルブを開けたら、今まであまり目にした事がないくらいの、大量の水と蒸気が放出されてきて、こんなに湿度が高かったのか、と、ちょっと引いてしまうくらいでした・・・。


それはともかく、仕上の塗装も一通り終わり、納品&施工の日取りも決まり(すこし先になりましたが)、ひとまずはこの仕事も一区切り。
いろいろと感慨深いものもありますが、気も新たに、さっそく次の仕事に取り掛かっています。今は対照的に、小さなものの大量生産です。




このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2010年6月18日金曜日

梅雨の合間に、リス2匹。 もぐもぐ、もぐもぐ。


2匹目のリスも、ようやく完成です。

これで、メインの制作の方は、ほぼ終わり。
後は、取付金具など細かなパーツをいくつか用意して、いよいよ仕上げに取りかかります。

そろそろまた、いろいろと押し詰まってきてしまいましたので、迅速に、けれどもひとつひとつ丁寧に、を心がけて、気を引き締めていきたいと思います。


「もぐもぐもぐ、おいしいね。」
「まだ食べるの? じゃぁ、これもあげるよ。」
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2010年6月15日火曜日

実りを狙って、リス登場。


一匹目のリスが形になりました。



ややスリム&ムキムキ気味?な感じがしますね。

あともう一匹、今度は少し食いしん坊な感じにしてみましょうか。














このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2010年6月13日日曜日

収穫の時


突然ですが、Metal NEKOは、今日から夏時間。
ここのところ、どんどんと作業時間が夜遅くにずれ込んでしまっていたので、このあたりで朝型に戻したいと、強制的にリセットしました。


朝早くは、やはり気持ちのいいものですね。
午前中にかなりの作業がはかどると、それだけでも一日が充実しているように感じます。


隣の畑も、最近は毎日のように、朝早くから家族総出で収穫の作業。
Metal NEKOの作業場の中でも、すっかり大きく育った植物が。
実りを狙って、小さな動物が現れたら、いよいよ収穫&出荷の時期です。
あともう一息。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2010年6月12日土曜日

マスコットキャラクター?

広報部長が、なにやらごそごそと・・・。
何をしてるのか、と思っても、すぐに隠してしまって、なかなか見せてくれません。
気になる・・・と思っていたら。



フェルトで作った、Metal NEKO!

マスコットキャラクターに、なりそうですね。何気に結構、お気に入りです。
何かのイベントの際には、お目見えする・・・のかな?

あ、現物のMetal NEKOとイメージが違いすぎる、というクレームは、ご容赦ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2010年6月11日金曜日

事故防止講習会と逆火実験

 鉄を熱したり、溶断をするのに使っているアセチレンと酸素。普段の作業で、つい何気なく使っていたりもしますが、実はとても危険性の高い高圧ガスだったりもします。

そんな訳で、先日、学生たちを連れて、酸素・アセチレンガスの事故防止講習会へ参加してきました。


今回の目玉は、逆火実験。
逆火とは、切断器(溶断用のトーチ)の火口から、火が逆向きに戻っていってしまう現象で、トーチの中で火が燃えたままになったり、ホースの中を火が逆流して、最悪ガスボンベから火を噴いたり爆発したり、と、大きな事故災害も、しばしば発生していたりします。

でもそんな危険な逆火も、普段の作業の中で、意外と頻繁に発生していたりするんですよね。そんな訳で、意外と慣れてしまっていたりもすることも、実はとても危険なことなのだ、と、今回実際に実験して見せてくれました。

逆火実験の様子。特殊な改造したトーチで、トーチの内部やホースに火が戻っていく状況を、実際に見せてくれたりします。
実験を行ってくれたのが、トーチや逆火防止の安全装置を作っているメーカーの方々なので、仕組みや解説などが、とても分かりやすいのです。
ちょっと弱いホースにすると、逆火の衝撃でホースが破裂して焼け焦げたり。


逆火の威力と衝撃を、一番良く実感できたのが、こちら。


工場で使うような大型の安全装置なのですが、逆火の衝撃で、一瞬、大きな音と火柱を噴き、上に乗せておいたテニスボールは、圧力で打ち上げられて、遥か上空へ。
参加者全員、「おぉ~」という声と共に、高く高く打ち上げられたボールが戻ってくるまで、ずいぶん長い間、空を見上げていました。

ようやく戻ってきたテニスボールは、半分が黒焦げに。
見に行った学生が、お土産にもらってきたというおまけ付きでした。


自分も以前、別の場所での講習会に参加したことがあって、その時はDVDでしたが、酸素が過剰に放出された状態で火がついたときに、大きな爆発が起こった時の映像を見せられて、その威力に衝撃を受け、こういうのこそ、学生に見せたいなぁと、ずっと思っていました。
本当に、小型の爆弾が爆発したときのような状況でした。


実験の後の座学では、実際にあった災害事例も説明されて、ボンベが40本くらい次々に炎上、爆発した事例や、工場丸ごと吹き飛んだ事例など・・・。自分が以前参加した講習会で聞いた事故ですが、ボンベがロケットのように飛んでいって、道路を隔てた向かいのビルの2階に突き刺さった、というのもあったそうです。


危険なこと、安全のこと、口ではいくら言っても、やっぱり伝わりきらないところは、多々あると感じます。そうして、慣れや過信で、ついつい見過ごしてしまうことも・・・。
でも、こうして実際にその威力や危険性を実感したり、実例を知ることは、どれほどの言葉にも勝るものだと思います。

講習会から戻ってきて、早速学生たちも、学んできたことを実践したり、確認していたりしました。
学生のみならず、自分にとっても、また改めて学ぶことの多い、とても有意義な講習会でした。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2010年6月7日月曜日

壁面看板装飾と新しい作業台?


こちらも、いよいよ全体が組み上がり、一連の作業も、いよいよ大詰めに差し掛かってきました。

今までメインの作業台は、サブロク(3×6)板のサイズでした。サブロク板というのは、尺寸換算なので、三尺×六尺で、だいたい910㎜×1820㎜くらい。
今回のものは、その作業台よりも大きくなってしまったので、もう一回り大きいシハチサイズくらいで作業ができるように・・・と、とり急ぎ、H鋼を組んでの、簡易作業台。これで、1200㎜×2400㎜の大きさです。横にもう一本くらい、H鋼があっても良さそうですね。


今は、床に直置きですが、下に台を作って、テーブルくらいの高さにしたいなぁ、とか。
そうすると、台の下に、ストック材を収納できるなぁ、とか。
そうしたら、ストック材を積み上げているここのデッドスペースが空いて、こっちに機材寄せて、すっきりするなぁ、とか。
低い小さな板の作業台と、高い大きなH鋼の作業台と、2種類あると便利だなぁ、とか・・・。

何だか、後から後から、やりたいことはどんどん増えていきます。
そうしておかげさまで、いろいろな方からいろいろなお話も頂けて、やりたいことは、ますますどんどん増えていきます。

少しずつ、より良い制作環境を整えつつ、常により良い仕事が出来るよう、取り組んでいきたいと思います。
ひとつ、ひとつ、大切に。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2010年6月6日日曜日

作ることを、祈りに変えて。


小さな命も、大きな命も。

生きることへの願いを込めて、
強く、強く

作ることを、祈りに変えて。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...