2010年5月9日日曜日

自然に風が通り抜けていく空間


それにしても、先日の真夏日は、実は相当こたえました。
少し前に3×歳の誕生日を迎えて、もうすっかり三十路も後半戦な訳ですが、突然の急激な気温の変化に体がついていけなかったのか、もうすっかり年をとったということなのか、ちょっと自分でもびっくりするくらいに、疲労感が残ってしまいました。

夏場になると、どうしても作業場の中に熱気がこもってしまうので、熱気を逃がす構造に改造したいと前々から計画してはいるものの、まとまった時間がとれずじまいのまま。
さすがに今年は何とかしたいと思いましたが、やっぱりしばらくは仕事の方がめいっぱいで、なかなか身動きがとれずじまい。(でも、それはおかげさまで、本当にありがたいことだと感謝しています。)

そんな訳で、急遽、よしずを張って目隠しをし、シャッターを全開にしてみることにしました。
できるなら、熱気のこもる上の方だけ、風の通りや換気がよくなればいいのでしょうが、ともかくも応急処置ということで。

作業によっては、やはりシャッターを閉めなければならないこともあるので、そのあたりは手間といえば手間ですが、でもよしずはいい!ですね!
さすがに夕方にはシャッターを閉めましたが、結構夜遅くになっても、なんとなく気分はまだ夕方くらいのままのような・・・。もしかしたら、今まで感じていた、昼間の熱気による疲労感が、相当軽減されている、ということなのかもしれません。

今までは、夏、というと、ともかく熱気に悩まされ、覚悟と諦めが必要でしたが、これからどんな風や空気が通り抜けていくのか、ちょっと楽しみになってきた気もします。
それにしても、つくづく、換気というか、空気の流れの大切さを身に沁みて感じますね。

自然と空気が通り抜けていく、心地の良い作業場・・・。
これを参考に、いつか理想の環境に改装できれば、と思います。

ともかくもこれで、しばらく当分の間は、ひたすら作業に集中、ですね。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

0 コメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...