2020年6月1日月曜日

今後の予定につきまして


ようやく緊急事態宣言が解除となりましたが、ずいぶん長い時間、ご無沙汰してしまい、失礼いたしました。


3月よりずっと延期しておりましたワークショップですが、他県への移動自粛が解除となる見込みの、6月19日以降、再開したいと予定しております。


ただ、もうすぐに7月に入ってしまいますので、延期しております諸日程の本格的な再開は、9月以降となってしまいそうです。

また様子を見ながら、調整させていただきます。


6月には、東武百貨店池袋店の職人展に出店を予定しておりましたが、催事の開催が中止となりました。申し訳ございません。

次回催事出展は、8月に熊本の鶴屋百貨店を予定しております。


また、3月より、学校や保育園が休校、休園となってしまい、普段は妻と二人で仕事をしておりましたが、ほぼ私一人での制作となっており、また、思いの外、諸々に時間がかかってしまったこともあり、多くの皆様にご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ございません。


ようやく6月から、学校や保育園も徐々に再開となり、まだまだいろいろと制約はありますが、制作の方も迅速に進められるよう、努めてまいります。


日常の中で、ずいぶんと変わってしまったことも多くあるかと思いますが、それでも日々暮らしていくことのように、変わりつつも日々の営みを続けていくように、努めてまいります。


たくさんのお問い合わせもいただき、大変ありがとうございます。

お返事や対応が遅くなってしまうこともあり、大変失礼いたしておりますが、どうぞよろしくお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2020年3月30日月曜日

4月のワークショップ延期の件


先日、首都圏でのコロナウィルス感染拡大に伴い、東京都を始め、神奈川、埼玉、千葉の各県でも、週末の外出自粛要請が出たことを受け、先週末のワークショップは延期いたしました。
その後の推移や状況より判断し、今週末、来週末に予定していたワークショップにつきましても、延期とさせて頂くこととなりました。

お申込み頂いておりました方々には、大変申し訳ございませんが、改めて後日、日程調整の上で開催できればと予定しております。


昨年の消費税増税から、景気が大幅に落ち込み、コロナウィルスの流行拡大によって、さらなる経済活動の停滞や悪化が見られるなど、社会全体的に厳しい状況になってきていることを感じます。

にもかかわらず、ギャラリーやセレクトショップなどでの販売やワークショップ、ネットでのお問い合わせなど、とても多く頂けていることは、大変有り難く、心より御礼申し上げます。

まだまだ難しく厳しい状況が長く続いてしまいそうで、なかなか満足にお応えできないことも多々ありますが、探していらっしゃる方や求めていらっしゃる方に、できる限りお応えし、お届けできるような取り組みを、これからも続けて行きたいと思います。

皆様もどうぞ、くれぐれもお体にお気をつけてお過ごしください。
また穏やかに変わりなく過ごせる日常が、早く戻ってくることを祈っております。











このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2020年3月1日日曜日

From Instagram


ワークショップにお申し込み頂いている方には、開催予定日が近づいた頃に、その時々の状況を確認の上、改めて確認のメールを差し上げることになるかと思います。
ただ、こちらからのメールが届いていない、確認できなかった、ということもありましたので、直前になっても、こちらからの連絡がないという場合には、お問い合わせを頂ければ幸いです。

via Instagram https://ift.tt/2x0ROd5
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2020年2月28日金曜日

新型コロナウイルスの感染拡大防止に伴う対応につきまして


いや、びっくりしましたね、小中高校が全国一斉に休校となるとのこと。
うちは共働きとはいえ自営業ですし、上の子は、それこそ母親のお腹の中にいたころから作業場で育ってきたので、仕事場に連れてくれば、勝手に何かしてるのでまだいいのですが、対応が困難な方、大変な方、多いのではないかと思います。

イベントなども中止や延期が相次ぎ、イベントの開催を予定されていた方なども、どうすべきか、対応に苦慮されていることと思います。
ただでさえ、消費税の増税に伴って、消費が落ち込み、経済が急激に悪化し、いろいろなところで大変なことになっている状況で、製造はもとより販売やサービス、接客業なども、ほんと死活問題に感じられているところも少なくないかもしれませんね。

イベントについては、基本的には、大規模なものが対象となっていて、うちでのワークショップはといえば、3~4名ほどで行わるきわめて小規模なものではあり、対象外ではあるのでしょうが、技術指導やサポートなどで、近接しての作業も伴いますし、6時間近くという比較的長時間の体験となります。
閉鎖的な空間での長時間にわたる近い距離での接触は、あまり推奨はされていなかったので、やはり状況に応じての最良の選択は何か、と考えております。
いろいろなご意見やスタンスもありますので、考慮させていただきつつ。

普段から、安全面を考慮して、マスク、保護メガネ、革手袋、革の前掛けを着用してもらっての作業で、まぁ、よっぽど寒くない限りはシャッターも開けっ放しで、閉鎖的な環境とはお世辞にも言えないような、換気性に優れた隙間風だらけの作業場ではありますが。

現状、一律での休止や延期までは行っておりませんが、対策として室内でのレクチャーなどは省略し、多少時間を短縮しての開催として、お一人お一人にそのあたりの状況もお伝えしてご相談のうえで、ご参加を希望されるかどうか、状況が落ち着くまで日程を少々先に延期するか、ご自身のご都合や周囲の状況等も踏まえて判断していただければ、と思っております。

もちろん、私自身や身近で、体調不良や感染が疑われるような事例、感染流行の情報などあれば、すみやかに延期とさせていただきます。

まぁ、フライパンのワークショップは、ほんと、いつでも大丈夫ですので。
重ね重ねとはなりますが、何も特別なことではなくても、日々繰り返されるような、ささやかな日常の中にも、大切なことやかけがえのない喜びを感じられるような、そんな道具となればと、改めて強く思い、願っています。

心から楽しんで、目の前の素材や道具、炎と向かい合い、無心になれるほど打ち込んで、ご自身の手でできあがってくるものを、その手のなかに実感していただければ、私にとっては、それがいつであろうと、それに勝る喜びはありません。

 via Instagram https://ift.tt/398WtYx
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2020年2月18日火曜日

[新型コロナウィルス等に関する対応につきまして]


このところ、新型コロナウィルスに関して、様々な報道がなされており、今後どのように推移していくか、正しい状況や情報の把握が必要なことと思います。
また、状況に応じて、随時適切な対応、対策も必要となってくることと思います。

Metal NEKOでのフライパンのワークショップにご予約いただいた方で、今後の状況によって、もし、参加予定の日程の延期、変更や、キャンセルなど、ご希望がありました際には、随時承ってまいります。

また、今後のワークショップの日程やご予約に関しましては、いまご予約いただいている方からの日程変更のご希望があれば、そちらを優先して日程調整した後、状況確認の上、再開する予定です。

日常の暮らしを彩り、支えるような道具となればと願っておりますので、皆様の暮らしに無理のない範囲で、ご都合に合わせて、楽しんでご参加いただければ幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

 via Instagram https://ift.tt/3bOdp8i
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2020年2月16日日曜日

鉄鍋ご飯のコツ


シンプルだけど美味しいものが結構好きなのですが、炊きたてご飯も、その最たるものかもしれません。 

我が家では、毎日鉄鍋で炊飯。 
炊き方もいたってシンプルです。

1.お米をボールなどでといだあと、20〜30分くらい水につけておく。水の量は、炊飯器で炊くときの分量+10〜15mlくらい。 
2.鍋に移し、蓋をして中火で蒸気が吹き始めるまで加熱。 
3.弱火で10分加熱。 
4.火を止めて10分蒸らす。 
5.出来上がり。 

Mサイズの鉄鍋で2合を炊くときの分量、時間なので、お米の量やお使いのコンロの火力によっても変わってくると思います。 分量、火力、時間などをちょっとずつ変えてみて、ぜひベストな炊き加減に調整して頂ければ。 

水が少なめだったり、火力が強めだと、おこげができやすくなります。 
おこげも美味しく食べられますが、子供はちょっと苦手なので、炊くときに水を気持ち少し多めに足しています。+10〜15mlくらい。 
おこげが出来にくくなると同時に、おこげにくっつきやすい焼付層も剥がれにくくなるという効果もあります。 

鉄鍋は蓄熱効果も高いため、蒸らしの時間が長引くと、おこげができてくることもあります。 
炊きあがったら、早めによそうか、おひつなどに移すのがおすすめです。 

また、ごはんを別の容器に移したら、鍋はすぐその場で洗ってしまうのがおすすめです。 
すぐに食べたい!もう待てない!洗ってる暇なんかない!という場合は、ひとまず食事がすむまでの間、鍋に水やお湯をはっておくといいですよ。 

鍋はしばらく熱を保ったままなので、残ったお米やデンプン層は、意外とすぐに乾燥して、カピカピにこびりついてしまいます。 

放置してしまうと、後で落とすのが大変になってしまうので、先に洗うか、水やお湯でふやかして落としやすくしておく、というのは、フライパンでも同じことが言えます。 

まぁでも、よそって家族を呼んで、みんなが席につくまでの間くらいには、洗いもお手入れも終わるくらいの、ほんの一手間ですので、あとに延ばして面倒なことが増すくらいなら、先にさっとやったほうが… 

あ、なんだかいろいろ別のことも、自分の身に返ってくるような…(ブーメラン) 
何事も、さっとすぐに、やったほうがいいですね(反省)。 

via Instagram https://ift.tt/38yebnU
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2020年2月15日土曜日

デジャヴ


昨日焼いたクレープ、残っていたのを食べようかな、と楽しみに帰ってきたら、全部食べられてしまっていました。

デザートを作りたいという子供と一緒に、チョコレートケーキというか、マフィンというか、なんだかよく分からないけれど大きくなってしまったものを。



焼き立てのうちに半分くらいなくなってしまったけれど、冷やしておいて、明日また何かトッピングでもして食べようかな(デジャヴ?)。


え?

ばれん、た、いん、でぇ…?

 ...あれ?

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

サイズ違いのフライパン


お二人で、サイズ違いのフライパンを制作した、今日のワークショップ。 

料理によってサイズを使い分けたり、それぞれのマイフライパンとして腕をふるったり。 
様々なシチュエーションでご愛用いただければ、嬉しい限りです。 

 via Instagram https://ift.tt/31X92mZ
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

自分の中にあるもの


上の子が、昨年、ゆうちょ銀行の貯金箱コンクールで入賞して、なんだか市の方からも、賞をいただくことに。 
そんなこと、おとうちゃんも初めてで、家族全員、なんだか実感がないまま…。二人でてくてく歩いて、授賞式に行ってきました。 

ちょっと引っ込み思案なところがあったり、なかなか自信を持てずに、はじめの一歩を踏み出せなかったり、途中で諦めてしまうこともしばしばだけれど。 
頑張ってやり遂げたことの一つの成果として、自信につながったり、いろんなチャレンジへの励みになればいいなと思います。 

いろんなことに挑戦して、できないなんて決めつけないで、自分にとっての嬉しいこと、楽しいことを見つけていったらいい。 

それがいつか、誰かにとっての嬉しいことや楽しいことにつながっていくこともあるかもしれない。 
それはずっと先のことかもしれないし、つながらないかもしれないけれど、今はそれはそんなに気にしなくてもいいよ。 

自分とただまっすぐに向き合って、自分自身を信じたら、それでいい。

 誰かとも何かとも、比べたりしなくていい。 
他のことが気にならなくなるくらい、何かに夢中になって、無心になるくらい没頭したら、その時に見えてくるもの、感じることが、きっとある。 

信じることのできるものは、自分の中に、ちゃんとあるからね。 

via Instagram https://ift.tt/37m47gA
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2020年2月12日水曜日

ワークショップ、ご予約可能です。


フライパンの制作体験、6月までのご予約埋まっておりましたが、キャンセルが出たため、4月11日、一名様のみですが、ご予約可能となりました。
ご希望の方、いらっしゃいましたら、仕事旅行社さんのサイトより、どうぞ。
「鍛冶屋になる旅」で検索するとヒットします。

画像右側は、私が10年近く前に制作した、最初期くらいのフライパン。 今も自分で現役使用しています。
最初の頃は試行錯誤で、一枚作るのにもずいぶん時間がかかっていましたが、あれから、だいぶ作り方も教え方も進歩したので、今なら体験にいらした方のほうが、これよりももっと上手なフライパンを完成させることができます。

 一枚の真っ平らな鉄板から、ご自身の手で作り上げるフライパン。
華やかさやきらびやかさとは無縁ですが、日々、当たり前のように繰り返される、変わらないことのようにも見えるものごとの中にも、かけがえのない喜びや大切なことを感じられるような、そんな道具になれたら、嬉しい限りです。

via Instagram https://ift.tt/2OLWSI9
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...