2017年4月7日金曜日

From Instagram


特注で制作のフライパン(LL)、蓋付き、革巻き。 大切な方への、贈り物にと。 #fb via Instagram http://ift.tt/2nQU25v
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2017年3月28日火曜日

時の重み


これだけ安価で使いやすい工業製品が大量に出回っているのに、なぜわざわざ手作りするのか?

そう聞かれることが、やっぱりたまにあります。


いろいろ理由はあれども、一番自分にとって大事にしてきたことで、一番営業っぽくないのは、

「時の重みに負けることのない品を作りたいから。」


自分自身、一人の作り手として、売り手として、そして使い手としても思いますが、作り手や売り手が、効率や利益を優先して、短命で消費され、次から次へと買い換えてもらうようなものづくりをしていると、使い手も自然と、そういうものだとしか思わなくなり、そういう使い方しかしてくれなくなる。


時の重みに耐えられないものにとっては、時を経るごとに刻まれるものが、傷みや汚れ、破損でしかないかもしれないけれど、時の重みを身にまとい、なお一層風格を持つものとなってほしいとの願いを込めるには、作る時から、それ相応の意志と時を刻んでいくことも、ひとつの方法なのではないかとも、思うのです。

変わらずにあり続けるのではなく、変わり続けることで変わらないように。


一人の作り手としても、また一人の売り手としても、そして一人の使い手としても、便利さに流され、溺れてしまわぬように、いたずらに消費し続けてしまわぬように、どこかで踏みとどまるものが、ついつい流されやすい自分には、やはり必要なのではないかと思います。


日々繰り返していくことに、自分自身の時間に、向かい合えるような、そんな品を作り、そんな品に出会う。

そんなものづくりも、自分にとってのひとつの在り方ではないかと思い、またそうあれたらと、願っています。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2017年3月27日月曜日

「縁」が「起」きてくる。



「ない」と思えば単なる偶然に過ぎなくても、「ある」と思えば見えてくるもの。
このところ、「縁」というものに思いを馳せる機会が、多々あるように感じています。

先日は、ある小学校の3年生のクラスが、授業の一環として鍛冶体験に来てくれました。
実はそこは、独特の教育方針で名の知られた学園で、私が最初に住み込みで働いていた同じ町にあり、当時から何となく気になっていた学校でした。

ある日突然、電話でその懐かしい名前を聞いた時には、びっくりすると同時に、どこか嬉しさも感じたり。
まったくの偶然ではあるのですが、それもまた「縁」かもしれない、と。

米作りも、家までも作ってしまうという小学生たち。生き生きとステンレスの小匙作り、楽しんでくれたようです。
最後には、この日のためにと練習してきた、鍛冶屋の詩を暗誦してくれたり。

また、先日体験に訪れてくださった方は、ずっと以前、まだ独立開業したばかりの頃、メールマガジンで紹介された私の展示会のお知らせを覚えていてくれて、ある時ネットストアでフライパンを見かけて、もしかして…と探してくださったのだとか。
意外と近くに何度もいらしていたり、妻の実家の隣町出身だったりと、偶然の連続に、話も弾みました。

人でも、物でも、出来事でも。
出会うことはみな、何らかの確率であったり、偶然の積み重ねであるのかもしれません。

それでもそこに、何かを感じたら。

すぐそばにいたり、ずっとあり続けているものでも、知らなければ、自分の中には存在しないも同然だったもの。
それが、探し求め、出会うことで、その瞬間に、 ぱっと立ち現れてくる。

「縁」が「起」きる。
その瞬間に見えてくる、自分自身の大切な意味。

いくつもの偶然の出会いの中から、かすかなシグナルを手繰り寄せるようにして、誰もがそれぞれにとっての確かな意味や物語を、紡ぎだしていくのかもしれませんね。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2017年3月26日日曜日

鉄のフライパン、3+3のポイント。



鉄のフライパンの3つのポイント

1.高温に強い

熱に強く、強火でも調理できるのが、鉄のフライパンの良さの一つ。チャーハンや焼きそばなど、温度が低いとべちゃべちゃになってしまう料理も、高温で調理することで、むしろ焦げ付きにくく、パラパラと香ばしく美味しく出来上がります。余分な水分も上手にスチームされて、野菜も甘みがギュッと感じられることも!


2.蓄熱性に優れている

厚みのある鉄は、極めて蓄熱性に優れています。薄い金属に比べ、熱がゆっくりと伝わり、調理中の温度変化が少なく、またムラなく均一に熱が伝わるので、厚い肉や野菜、ハンバーグなど、内部にもしっかり熱が伝わります。

3.鉄分がとれる

文部科学省があらためてに調査した食品成分表によると、ステンレス製の鍋で作ったひじきは、鉄鍋で作ったものに比べて、鉄分の含有量が9分の1ほどしかなかったとのこと。
鉄鍋で調理することによって、自然と毎日、鉄分も摂取できます。

※素材の旨味が凝縮され、シンプルな調理方法でも美味しい!




Metal NEKOのフライパンの3つのポイント

1.壊れにくい一体成型

調理部分もハンドル部分も、同じ1枚の鉄板から叩いて作った、どこにも継ぎ目のない、流れるような形が特徴です。
このため、別の素材のハンドル部分が先に壊れてしまうこともなく、接合部分が緩んだり外れたりすることもなく、ずっと長く使うことができます。
また、接合部分がないため、汚れが付かないというメリットも。

2.手打ちで鍛え上げた緻密な構造

表面の独特な文様は、火造りで出来た独特の証。細かな凹凸が、油なじみも良くします。鋳物でもプレスでもなく、真っ赤に熱して鎚で何度も打ち鍛えて形作った、鍛造のフライパン。打ち鍛えた分、組成も密に、蓄熱性も高くなります。

3.焦げ付きにくく、錆にくい、油焼き付け仕上げ

何年も使い込まれたかのような真っ黒な姿は、油を高温で焼き付けることで、重合した層となってコーティングされているもの。この層があるため、最初の空焼きや油ならしは不要で、すぐにお使いいただけます。お手入れも容易で、焦げ付きにくく、錆びにくく、またご自分でメンテナンスも可能なため、末永くお使い頂けます。

※初めての方にも使いやすく、一生付き合えるフライパン!


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2017年3月23日木曜日

From Instagram


きょうも伊勢丹府中店6F リビングフロア・キッチン売り場にて、展示販売致しております。 28日(火)まで、どうぞ宜しくお願いします。 #fb #iron #ironworks #blacksmith #metalneko #forge #鉄 #鉄フライパン #handmade #展示会  #府中 #伊勢丹 via Instagram http://ift.tt/2nKB43T
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

「フライパンの油焼付メンテナンスの極意」、ご愛用の方に限定プレゼント!

「フライパンの油焼付メンテナンスの極意」、ご愛用の方に限定プレゼント!

Metal NEKOのフライパンは、最初からすでに長年使いこんだかのように、全体が真っ黒な姿をしているのが特徴です。
これは、油を焼き付けて仕上げているためで、高温で重合した油が層となってコーティングされているため、焦げ付きにくく、錆びにくく、初めての方にもとても使いやすいフライパンと、ご好評頂いております。

この層も、使い込んでいく内に、次第に剥がれてきてはしまうのですが、メンテナンスのコツを掴めば、ご自分でもご購入時と同じように、何度でも真っ黒に焼き付け直すことができます。

料理もほんの一手間、隠し味のように加えることで、深みを増し、彩りを添え、なお一層おいしくなるように、道具もほんの一手間、お手入れをして頂くことで、時の重みと深みをまとったより良き相棒となり、末永くお使い頂けるのではないかと思います。

この度、ご家庭でのメンテナンスについて、長年培ってきた独自のコツとポイントを、余すところなくまとめたマニュアルを作成しました!
日々Metal NEKOのフライパンをご愛用頂いております方限定で、ご希望の方にお送りいたします。

ご希望の方は、

1. ご購入時期とご購入頂いた店舗
2. 現在の状況が分かるようなフライパンの画像
3. ご使用になられた感想や、ご意見、ご要望
4. 油焼付仕上げの極意ファイル受取方法 (メールでのファイル添付、サイトからのダウンロード、郵送)
5. メールアドレス、または郵送先ご住所
6. 頂いた画像やご感想の、各種SNS、ブロク等への掲載の可否

をお書き添えの上、facebookやinstagramのメッセージまたはメールにて、お申し込みください。

もちろん、ただ今伊勢丹府中店で開催中の展示販売でお買い求めくださった方にも、その場でお渡しいたします(予定)。

便利さや効率だけでは測れない、暮らしや心の豊かさを彩る、相棒のような道具となることを願って。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2017年3月22日水曜日

From Instagram


本日から、伊勢丹府中店6F リビングフロア・キッチン売り場にて、展示販売行っております。 3月22日(水)~28日(火)までの開催です。 またよき出会いがありますように! #fb  via Instagram http://ift.tt/2o3WuVN
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2017年3月6日月曜日

From Instagram


深く刻み込まれた思い出は、触れればすぐに思い出させてくれる。 昨日はずいぶん対話(メンテナンス)をして、今日はお互い、すこぶる調子が良いみたい。 そういう道具に、いつも会えたらと思う。 自分の作る「もの」も、いつか誰かにとっての、そんな「道具」になればと願う。 共に道を歩いていくように。 互いにどこかへ導きあうように。 そんな「道具」と。 #fb via Instagram http://ift.tt/2mV2z74
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2017年3月5日日曜日

From Instagram


制作体験で説明を終え、フイゴのスイッチを入れたのに動かない。あれ?と思ったら、断線していて。 体験を終えて、自分の仕事に取り掛かろうとしたら、至るところにまた穴が開いてきているのに気づいて。 あぁ、いろいろと伝えたいことがあるんだな、と。 一番最初から、一緒にやってきた無二の相棒。 いいよ、今日はとことん付き合おうじゃないか。 #fb via Instagram http://ift.tt/2lL6IJ2
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2017年2月28日火曜日

From Instagram


「人の手仕事から伝わる何かが、私たちに『心の平安』を与えてくれる。そういうような物や事を工芸というのではないかと思った。」 [生きるための心の道具 眞田岳彦]熊本伝統工芸館にて この言葉を、心のお土産に、帰ります。 明日から、また。 #fb #熊本 via Instagram http://ift.tt/2mzxyFV
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...